住宅購入資金贈与の非課税措置

公開日:

カテゴリー: 未分類


コロナになりご年配の方は旅行など外出する機会が減り、お金を使う機会が減ったと最近よく聞きます。

ただ、マイホームを購入したい方は大勢いらっしゃって、弊社にも大変多くお問い合わせいただいております。そこで私がお願いしたいのは、お金に余裕のあるお祖父様、お祖母様、お父様、お母様にはお孫さんやお子さんの住宅購入資金を援助していただきたいということです!

コロナであまり使わず貯まったお金があるのであれば、これからの日本を支える若者達(お孫さん・お子さんに)に使ってあげていただけたらありがたいと思います✨

じつは、不動産業界には住宅購入資金贈与の非課税措置という制度があるので2022年1月1日~2023年12月31日まで耐震・省エネなど一定基準を満たす住宅が1,000万円までの贈与、それ以外の一般の住宅が500万円まで非課税となります。また、年間110万円を超えない贈与には贈与税が課せられません。ですので、贈与税の負担が気になる人は、年間110万円以下の金額を数年に分けて贈与してもらう方法もあります。たとえばマイホーム購入年は500万円の贈与を受け、次の年から毎年100万円ずつ贈与してもらうという方法です。

住宅購入資金贈与の非課税措置を受けるためには諸条件がありますので、ぜひ私達不動産のプロにお任せください。みなさまの不動産購入のお手伝いを全力でさせていただきます🙂